定期保険は掛け金が安く、死亡保障や特約も充実しているため人気があり、様々なタイプが発売されています

生命保険は万が一の保障の為に掛けるものですが、その種類は定期、終身、養老の3つに分けることができます。一定期間以内の死亡に対して給付があるのが定期であるのに対し、期間を定めず一生涯にわたって保障されるのが終身、期間内に死亡した時はもちろん満期時に生存していれば同額が支払われるものが養老です。

それぞれの種類によって掛け金は異なりますし、自分が希望する保障内容やライフステージによっても求めるものが異なってきます。
これから結婚し子供を望むなら、死亡保障が高く入院特約の付いた内容にしておけば安心です。

その際に、定期にするか終身タイプにするかで毎月支払う金額が違ってきます。
現在人気があるのが、損保ジャパンDIY生命の1年積み立て保険です。
ライフステージの変化やその時の生活状況に合わせて保障を増やしたり減らしたりでき、必要となってくる期間や保障だけ加入するという事ができます。

合理的でお得なプランと言えますし、遺族保障、がん保障、月給保障の3つの特約も組み合わせ可能で、基本は35歳男性で2,110円の掛け金ですが、遺族保障2千万円と月給保障月額20万円をプラスすると、合計で4,860円とお得です。

次に人気があるのはメットライフ生命のスーパー割引定期保険で、健康な人ほど料金が割引になり、基準を満たせば最大54%割引ですが、健康状態によって4つのクラスに分けた料率が設定されています。

一生涯保障される終身タイプもありますが、定期保険と同等の保障を得ようと思うと高額にならざるを得ませんので、収入との兼ね合いで選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ