海外では怪我等で何百万円も掛かってしまうケースもありますので、万一に備え海外旅行保険に加入する事をお勧めします

海外旅行では、自分の国とは全く違う気候・文化・習慣に触れる事ができるので、とても新鮮で刺激的な経験ができます。
しかし、異国の地であるだけに怪我や病気等をしたら一大事です。

言葉が通じなかったり、病院のシステムが分からなかったり、更に保険が適用される国内とは違って費用も大きく掛かってしまいます。
例えばスキーで怪我をしてしまうと、搬送費等も含めて何百万円も掛かる事もあります。

海外旅行保険は何も起こらなければ掛け捨てとなり勿体ないという気持ちに傾くかも知れませんが、やはり、何か起きた時には取り返しがつきませんので加入する事をお勧めします。クレジットカードを所有している方なら、まずそのカードに海外旅行傷害保険が付帯されているかどうか確認してみると良いでしょう。

傷害死亡や後遺障害・治療費・携行品損害・賠償責任等と一通りの項目は各社とも揃っていますので安心ですが、その補償金はカードによって違いますので確認が必要です。
もしその補償額だけでは不安という場合は、それとは別に保険会社と契約するという事になります。

今まではある項目の保障を手厚くさせたいと思ったら、自動的に他全部の項目も手厚くカバーされてしまい、結果保険料が高くなってしまっていましたが、現在は希望する項目だけを選び補償額を増やせるタイプの商品が沢山出ていますので、比較的安く保険を掛ける事ができます。

損保ジャパンの「off!」やAIU保険会社の「旅上手インフィニティ」等、魅力的な内容の商品がありますので参考にしてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ