車に比べてバイクの任意保険の加入率は圧倒的に少ないですが加入しておくことをお勧めします

幅広い年齢層の女性にも生活必需品として運転される自動車に比べてバイク利用者の幅はグンと狭まり、圧倒的に男性に多く、特に若者に人気の乗り物です。

生活の足としての車とは多少異なり、ファッション的な要素が含まれる部分もありますし、日々の暮らしに絶対になくてはならないものという位置付けまではされませんので、嗜好品という捉え方もできるかも知れません。

趣味として楽しむというケースが多い為か、気軽に乗るというイメージのあるバイクの所有者は車に比べて任意保険加入率が低い傾向にあります。
車所有者の加入率が70%超えであるのに対しバイクはたった35%程度しかなく、3人に1人しか加入していないという計算になります。

確かに任意保険に加入していなくても自由に運転する事ができますし、学生等の若い方達にとっては年間何万円もの出費は大きいものがあります。
頻繁には乗らないからその時だけ事故を起こさない様に気を付けさえすればいいという気の緩みも出てくるでしょう。

しかし、車と違い生身の身体をさらけ出して車並みのスピードを出す訳ですから、衝突した時や転倒した時のダメージは車の場合とは比較になりません。

走行している同士の車とバイクが衝突したとしたら、車の運転手は命には別状のない怪我で済んでも、バイクの運転手は衝突の衝撃で簡単に数m先まで飛ばされて死亡事故に至るというケースも珍しくないのです。保険の内容には様々なタイプがありますので、必要を感じない特約を省いて、お財布に優しいプランで加入する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ