自己破産後の生活への影響は少なからずありますが多重債務に悩む人は専門家に相談しましょう

債務整理の中でも、全ての借金が免除される自己破産は決して良いイメージではないかもしれません。

自己破産後の生活への影響をみてみると、多くの人が気になる点は周囲に知られるのではないかということですが、官報と呼ばれる刊行物に掲載されるものの、誰もが見るものではないので、積極的に言わない限りその可能性は低いのが一般的です。

また、選挙権が奪われる、住民票に記載されるという話もありますが、これらについては全くの間違いで心配がありません。また、資格や職業に関して制限が行われるのは確かですが、申し立てから免責までの一時的なものなので、申し立て時に該当する職業に就いていない限りには支障が無いでしょう。

従って、該当する職業に就いていない限り、自己破産をしたことでクビになることはありません。それでも、新たな借金が出来ないというのは本当で、一定期間はクレジットカードなどの作成は出来ない上、ローンなども組むのが難しくなるので、その点には注意が必要です。

とはいっても、自己破産を行なった場合にすぐに新たな借金をすることは考えづらい上、一定期間は借金に頼らずに生きる習慣を身につけることも必要でしょう。

このように自己破産後の生活への影響は少なからずありますが、多重債務になり自転車操業に陥りどんどん周りに迷惑をかけてしまうより良いことであるのは明らかです。多重債務に悩んでいる方は、無理をせずに自己破産をはじめとした債務整理について専門家に相談しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ