人事制度とは、運用して初めて効果を発揮するもので、企業の人事に関する考え方は企業風土と密接に関係しています。

人事制度とは、運用して初めて効果を発揮します。
したがって、どんなに評判が高く高度な分析に裏付けされた人事制度であっても、導入しただけでは機能しないのです。
企業の人事に関する考え方は、実は企業風土と密接に関係しています。

この制度を刷新するということは、企業風土の刷新であると言っても大げさではないでしょう。
より良い人事制度を導入し、それを機能させるということは、すなわち企業の業績向上という効果をもたらします。
これを実現するには、以下のことを守らなければなりません。

まずは、社員へこの制度というものを浸透させることです。
この制度は企業風土に密接に関係しているものですから、社員は自分たちが本当にあるべき姿としてこの制度を活用できるまで浸透させる必要があります。
次に、考課者へのトレーニングと基準設定のすり合わせです。

この制度が最も意識される時とは、やはり考課となります。
但し、考課の際だけ被考課者に意識されるようなものでは効果的とは言えず、日々の仕事の中で意識されるような基準の設定が必要です。

このことを実現するには、考課者から常にフィードバックができるような環境を整えなければなりません。

また、考課者本人にも、有効なフィードバックができるような訓練が重要になります。
3つ目は、一度導入した制度は改良こそあれ、これを維持することです。
人事制度の刷新を繰り返すと、社員に不要な混乱を与えることにつながります。

それは社員のモチベーションを下げることにもつながり、業績向上が見込めなくなります。
最後に、現行制度にもきちんと敬意をはらった考課を行うということで、つまりこれは、今まで企業としてあり続けた歴史に敬意を表することと同意となるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ