人事管理システムの活用

人事管理の目的は、企業あるいは組織において従業員を如何に有効に管理するかにあり、その効率的な活用を図る為に、採用や教育訓練、配置、昇進などを実施します。
この数年の間に、企業を取り巻く環境は中途採用や年功序列型に変わる成果主義の導入の増加、早期退職制度の勧奨など、変化の時期を迎えています。

加えて、少子化に伴う生産年齢人口の減少もあり、見直しが必要と考える企業が多くなっているのではないでしょうか。
検討に際し、従業員の個人情報や業務内容、異動の履歴、研修の受講履歴などを参考にしますが、その情報量は組織が大きければ大きいほど膨大となり、管理が難しくなります。

そこで、人事管理の為のシステムが必要不可欠になります。
企業の人事部で導入する際は、管理する情報の種類やその情報を基にデータ化するものは何かを明確にし、その為の機能(システム)が自社にとって必要かを熟慮する必要があります。

定型的な業務の効率化を図るだけでなく、人事情報の収集、管理、加工をして経営判断に活かす目的での導入が期待されます。

各社から人事管理の為のソフトやシステムが販売されていますが、中規模小規模企業向けモデルの「人事奉行」は、導入シェア18.3%と好評で、ホームページでデモンストレーションを視聴し体感することができます。

日立ソリューションズのソフトは企業ごとに対応してその運用と管理をサポートし、グループ内の複数企業の環境統合から更にシェアードによる業務アウトソーシングまで幅広いニーズに応えています。
自社の人事管理に最適なシステムを活用し、効率化と共に経営に役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ