インターネット上では、現在バナー広告など多く見ることが出来、過払い請求についての相談

お金を借りることや借りたお金のことを借金と言います。
借金をする場合、個人から個人にお金を借りる場合もありますし、個人が法人から借りる場合、そして法人から法人に借りる場合など様々な形態があります。

個人から個人にお金を借りる場合は、小銭などの少ない金額のお金の貸し借りが行われることが多い為、特に書面などを交わすことなく行われている場合が多くなりますが、法人からお金を借りる場合には、借用証書と言う書面を作成し、お金を貸したと言う証拠を残しておくことが一般的となっています。
この書面があることで、名前や住所、具体的な借金の金額などが証拠となります。

借用証書は、例えば便せんなどに手書きしている場合でも、必要な要素が全て書かれている場合は証拠として認められるものです。
借金をした場合、ほとんどで利息が支払われることになるのですが、利息については利息制限法と言う法律できちんと金額が定められています。
しかし、法律で定められていても利息が多く支払われている場合もあります。

この、多く支払いすぎた利息のことを過払い金と言います。
過払い金は、過払い請求を行うことで返還を求めることが出来ます。
しかし、借金の返済だけで、過払い金についてまで気が回っていないと言う借主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネット上では、現在バナー広告などの広告を多く見ることが出来るのですが、このバナー広告の中にも過払い請求についての相談や借金に関する相談を受けている企業があります。
複数の消費者金融から借金をしている方などは、広告を見て一度相談してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ