過払い請求については、殆どの法律事務所や司法書士事務所において無料相談で対応しています

過払い請求に関する無料相談は、殆どの法律事務所や司法書士事務所で対応しています。過払いとは貸金業者に払い過ぎた金銭のことで、平成22年の貸金業法改正以前は、利息制限法と出資法の上限利息の間の金利で貸し付けを行っている貸金業者が殆どで、厳しい取り立てから夜逃げや自己破産、最後には自殺にまで追い込まれるケースがありました。

政府がその対策に乗り出し、新しいルールを設けて上限金利は借入額に応じた金利に引き下げられ、上限利率を超える利息を請求し、受領すると刑事罰の対象とされるようになりました。その結果、長い間利息制限法の上限利率を超えた高い利息を払い続けていた債務者は、払い過ぎた利息を返してもらえるようになったのです。

過払い金が発生しているかどうかの判断は、取引履歴を取り寄せて利息制限法の引き直し計算をしないと判明しませんが、おおよそ法定利率を上回る金利で借り入れし、既に支払い済みの場合には過払い金が発生していると言ってよいでしょう。

また、未完済で現在返済中でも、上限金利を超えた金利で借金をしていた期間があれば検討する価値があります。
過払い請求に関しては費用は成功報酬制なので、取り戻した金額の20%程度で依頼を受ける事務所が大多数です。

万一裁判にまで至ったとしても、通常は1訴訟ごとに回収した金額から精算をするので、弁護士や司法書士に依頼する初期費用の心配はいりません。
過払い請求については、地域の弁護士会や司法書士会に連絡すると無料相談対応の事務所を紹介してくれるので、無料相談を利用して解決への道筋を見出しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:過払い

このページの先頭へ