事務経費削減には給与計算代行料金が有効です

会社経営では、経費の削減が当たり前となりました。
それは、販売価格が抑えられて収入が大きく伸びない会社が増え、利益を出すには経費の削減が常識となっているからです。
そこで、人件費の削減を進める為に、事務作業を外部委託する会社が増えています。

ネットで調べると、事務作業を細かく分けてサービスを行っている会社が多く、検索するとたくさん出てきます。
その中でも給与計算代行料金は、会社によって料金が違います。

給与計算代行料金は初期にデータなどを整備する為に必要な作業から料金が発生し、給与計算代行料金は人数計算となっています。

たとえば、ある会社では給与計算に必要なデータの入力作業料金やデータ移設などを含め、20名以下の給与計算を行うに必要な金額は4万円から5万円となり、その後、必要なデータが揃うと、20名までは6825円からの料金となります。
こうした作業を人件費として会社が従業員に払うと十数万円は必要となるので、経費として考えると安くなるのです。

事務経費を削減する為には、パソコンなどの活用とこのようなサービスを利用する事が人件費の削減となります。
その他にも、社会保険や賞与計算、年末調整などの事務作業もあります。

どちらも基本料金と追加料金の構成となっているので、20名以下の料金は1万円以下となり安くなっています。
人件費削減が大きな経費削減となる為、今後もこのようなサービスが普及する可能性が大きく、給与計算代行料金を利用する会社も多くなることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:給与計算

このページの先頭へ