借金の返済でお困りの方は、任意整理で問題解決を

複数社からの借り入れで借金の返済が困難になっている方は、任意整理を行って借金問題を解決することが出来ます。
任意整理とは、借金の返済が困難な状況であり、今後の返済に関しての相談を、裁判所を間に挟んで債権会社と話し合いを持つ方法です。

この手続きを行うと、ご自身の収入から生活に必要となる金額を引き、余ったお金での返済を申し込むことが出来ます。
生活に必要となる金額は、ご自身の贅沢品や交遊費も含むことが出来ますので、生活に無理のない返済を新たに計画することが可能です。

また、長期間にわたって繰り返し借り入れを行ってきた方は、過払い金の返金請求を行う事も出来る場合があります。

現在では新金融法が施行されており、何処の金融機関から借り入れを行っても、18パーセント以内の利息で契約をしていますが、新金融法が施行される以前より借り入れを行ってきた場合は、過払い金が発生することがあります。

新金融法が施行される以前では、多くの企業で融資に際しての利息は18パーセント以上の利息で契約することが多いものでした。
任意整理を行うことによって、18パーセント以上の利息を18パーセント以内の利息に再計算されますので、利息の差益は元金から引かれて計算されます。

これにより、借入金額が大幅に減ったり、時には既に返済しきっていた状態でさらに返済を続けていたという場合も出てきます。
その払い過ぎていた金額が過払い金と呼ばれ、手続きをすることによって返還請求をすることが可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ