借金の債務整理をして、人生の再建を目指しているなら、弁護士事務所に依頼するのがベストの選択です

借金を返済しても、利息の影響で元金がなかなか減らない。
そのため、借金が膨らみ、どうしていいのか自分では分からない状況。
債務者は、さまざまな理由で借金をされると思いますが、多重債務で悩んだり、苦しむのは共通しています。

専門的な知識が無い、個人の考えだけで行動に出るのは避けて、法律の専門家である弁護士事務所に、適切な処理をしてもらうのが、債務者が新たな人生に進めるための最善の選択です。

また、多くの弁護士事務所が、無料で債務整理の相談に応じてくれて、債務者に一番合う方法を選んでくれるでしょう。
もし仮に、どの弁護士を選べばいいのか分からない場合は、弁護士会に相談することが出来ます。

すると、相談内容に応じた弁護士を紹介してくれるでしょう。
そして実際、債務整理の手続きを取った場合、債権者は債務者に対して、取立てや督促を送ることが禁じられます。

これだけでも、日常生活に落ち着きを取り戻せると思います。
弁護士は債務者の状況を判断して、債務整理の方法を考えると言いましたが、自己破産だけは嫌な場合、任意整理の手続きは行えるか、尋ねてみるのもいいでしょう。

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せずに、債務者が依頼した弁護士と、債権者が月々の返済額の圧縮や、利息のカットなどを、利息制限法に基づいて協議してもらう手続きのことです。
この手続きによって、大幅に返済額が減る可能性もありますし、過払い金が見つかった場合、そのお金を取り戻すことも出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ