多重債務で困った際には弁護士に相談をしてみるのが良いでしょう

多重債務とは、一般論としては複数の金融機関からお金を借りている状態を指しますが、特に、金融機関等からの借金を返済するために他の金融期間から借り入れを行っているうちに借金の金額が大きく膨らみ、返済がままならなくなってしまっている状態を指します。

このような状態に陥った者の中には、金融機関からの厳しい取立を受けて夜逃げをしたり、自殺をしてしまう者もいるなど社会問題になりました。
そこで、多重債務に陥った者を救済する社会的な仕組みとして、債務整理というものがあります。

債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産といった制度があり、それぞれ手続きや適用要件、債務免除の内容などが異なります。
このような制度を用いれば、厳しい取立に生活を脅かせることなく債務の免除を受けることが可能です。

しかし、この債務整理というものは、知識のない者にとってはその存在自体を知らなかったり、もしくは知っていても「何もかも失う」「社会的落伍者」「正常な社会生活を送れなくなる」などのイメージがつきまとうせいか、手続きをためらう人も多いようです。

しかし、実際には決してそのようなことはあり得ません。
これらの制度は、多額の借金によって経済的に行き詰った者に人生の再出発の機会を与えるセーフティネットで、安心して利用することができます。

実際に適用を受ける際には、法律知識のない一般人が独力で行うのは難しいものがあるので、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。
多くの弁護士事務所が、多重債務者に向けて低料金もしくは無料での相談を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ