雇用保険の受給期間と年金の受給について

会社を退職すると、雇用保険の基本手当である失業保険を受け取る事が可能なことは広く知られています。
また、厚生年金や共済年金は所定の申請をすれば61歳から、女性は60歳から受給が開始されるので、要件を満たせば受け取る事が可能です。

「雇用保険の受給期間と年金の受給について」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

失業手当を受給するには、雇用保険法で言うところの失業の状態にあることと、加入期間などの条件が必要になります

日本の景気は回復傾向にあり、厚労省によると失業率は3.6%と低い水準を記録し有効求人倍率は上昇が見られます。
しかし、実態は非正規雇用労働者が増加していることなどが要因で、その割合は過去最高を記録しています。

「失業手当を受給するには、雇用保険法で言うところの失業の状態にあることと、加入期間などの条件が必要になります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険の手続きは、資料や書類を添付して所定の期間内に提出する必要があります

就職して、実際に給与明細書を見ると何やらいろいろ控除項目があり、思ったより手取り額が少ないと感じることがありますが、実は、税金や社会保険料などは給与から天引きされ、会社が従業員に代わって税務署や自治体、保険事務所などに納付する仕組みになっています。

「雇用保険の手続きは、資料や書類を添付して所定の期間内に提出する必要があります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

労働者が失業した際に雇用保険被保険者証がハローワークから交付されます

雇用保険とは、雇用保険法に基づき政府が運営する保険制度のことを言います。
この制度は、労働者が失業した際に生活の為の給付を行う他、労働者が新たな分野へチャレンジするときの教育訓練としても受けられ、その人に必要な給付を行うことで、労働者の生活及び雇用の安定を図ることを目的としています。

「労働者が失業した際に雇用保険被保険者証がハローワークから交付されます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険の大切な書類、雇用保険証明書

雇用保険証明書とは、「雇用保険被保険者証」として、雇入れが始まってすぐに申請し、それを労働局が認め雇用されている事を証明している書類であり、また、それは雇用保険に加入しているという事実を証明するものです。

「雇用保険の大切な書類、雇用保険証明書」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険と労災保険の役割について

雇用保険と労災保険とを総称して労働保険と呼びます。
それぞれ保険給付を受ける際は保険制度が異なっているので別個に扱われますが、保険料の納付及び徴収は一体として取り扱われているのが特徴です。

「雇用保険と労災保険の役割について」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

アルバイトが雇用保険に加入する条件について

アルバイトの雇用保険の適用条件としては、働いている時間が1週間で20時間以上であることがまず1つ目として挙げられます。
そのため、1日4時間の勤務の場合で週3回勤務であれば加入の必要はありませんが、週5回になった場合は加入の対象になります。

「アルバイトが雇用保険に加入する条件について」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険とは、厚生労働省が管轄する社会保障事業です

雇用保険とは、労働者が何らかの理由により失業をしてしまった場合や、日々の生活の安定と再就職の促進のために失業等給付を支給し、労働者をサポートする社会保障事業です。

「雇用保険とは、厚生労働省が管轄する社会保障事業です」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

定年退職後の雇用保険の受給について

かつては、定年退職をした後に失業保険を受給しながら年金を受け取ることが出来たのですが、現在では両方を同時に貰うことが出来なくなっています。
これは、平成10年3月より決まった制度で、その理由については、国の年金財政が枯渇しているというのが現状としてあるからです。

「定年退職後の雇用保険の受給について」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険により失業給付を受けている間に次の就業先が決まった場合には、再就職手当が支給されることになります

雇用保険により失業給付を受けている間に次の就業先が決まった場合には、再就職手当が支給されることになります。
これは、早めに次の就業先を決定することが条件になってきますが、その支給額は、所定失業給付日数の残りの日数(支給残日数)によって異なっています。

「雇用保険により失業給付を受けている間に次の就業先が決まった場合には、再就職手当が支給されることになります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ