東京で会社設立をする時、どうすればよいか

大変な就職活動を経て、とりあえず自分が希望する会社に就職したものの、その会社になじめないとその先をどうしようかと悩みます。
石の上にも三年というように、三年は辛抱しても、やはりなじめないので転職しようか、それとも自分が社長になってしまおうかと考える人もいます。

そして、東京に在住しているなら、東京で会社を設立をしようと決意する方も多くいます。
しかし、会社設立をしたいと考えたとき、何をすれば良いのでしょうか。
まず、会社の基本事項を決めましょう。
社名や住所、事業、資本金、株式数など、取締役も決めます。

会社法では、同じ地域に同じ名前の会社を設立できないので確認する必要もあります。
次に代表印作りで、これはつまり会社の印鑑のことを指します。
そして、いよいよ定款作りです。
定款には、称号、住所、事業目的、資本金額、代表者住所、氏名等を書きます。

この定款は3部必要で、公証人の認証も無くてはなりません。
最後に、資本金の振り込みをします。
特に株式会社の登記の場合には、取締役の就任承諾書と印鑑証明も必要です。

会社設立のためには、以上のようなことをしなければなりません。
この作業は決して大変ではありませんが、普段行ったことがない官庁や役所に提出することになります。

しかも時間がなかったり、手間がかかるという人は、代行業者に依頼することが可能です。
代行業者はとても多いので、競争が激しくなっています。
特に会社設立が多い東京では、代行業者の数が著しいのでそれほど高額ではありません。

実際に代行業者に依頼した場合、手数料を含めても自分で行った場合とそれほど差異はないのです。
それに、代行業者はプロなので、短期間で手続きを済ましてしまいます。
そのようなことを考えると、代行業者に依頼したほうが合理的だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ