個人会社設立のメリットについて

新たに事業を始める際には、個人事業か、会社を設立して法人化するか迷うことがあります。現代では、会社法の改正もあり誰でも簡単に会社設立ができるようになりました。
個人会社設立のメリットは、まず、節税という観点から見てみると、年間所得が500万円以上であれば法人化した方が有利になります。

法人に掛かる法人税は税率が一定なので、売上や利益が多い場合は法人化を検討した方がよいでしょう。
また、会社の資産には相続税がかかりませんし、生命保険や自動車、退職金などの経費が認められる幅が広がります。

さらに、家族へ給与を支払うことが可能になりますので、所得の分散をして所得税や住民税を節税することができます。
そして、法人の場合は赤字が年間繰り越して控除することが可能な点も、節税手段として魅力的です。

次に挙げられるメリットは、取引先からの信頼と信用力があるという点で、例えば会社の業績や将来性、実績などから総合的に判断できる為、銀行からの借り入れも有利になります。

個人事業でも高い技術や実績を積んでいれば取引に有利な場合がありますが、未だに個人事業とは取引しないという会社は存在していますので、信頼性という面では個人会社の方が有利と言えます。

その他のメリットとしては、株式の増資による資金調達ができる点、決算の月を自由に定められる点、有限責任なのでリスクが少ない点が挙げられます。
このようなメリットを踏まえて、事業を始める際には個人会社設立を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ