資産価値としての不動産を考えるならマンションより一戸建て

日本において、最も資産価値があるものは不動産です。
そのため、新居を購入しようと思っている人にとっては、集合住宅であるマンションよりも、土地付きの一戸建てをお勧めします。

もちろん、マンションにも不動産としての価値はありますが、集合住宅なので持ち分は少なくなりますし、一戸建ての資産価値に比べて低くなってしまいます。
そして、資産価値をより高めるためには、一戸建ての買い方にも注意が必要です。

まず注意しなければいけないのは、購入する土地に条件がついていないかどうかという点があります。
次に、法的な制限がかかっているかどうかを確認することが重要です。
例えば、市街化調整地域だったりすると、資産価値は大いに減じられてしまうでしょう。

また、土地が変形だったりすると、方形の土地に比べて価値は低くなります。
周囲の環境も土地の資産価値にとても影響を与える要因となるので、資産価値としての不動産を取得するのならば、交通の便が良いところが一番良いでしょう。

例え狭量地であっても駅から徒歩圏にあったり、近くに商業地があったり、公共施設が充実していたりすれば資産価値はアップするケースも存在します。
反対に、広い土地であっても、交通の便が非常に悪かったり、近くに商業施設がなかったり、公共施設が完備してなかったりすると、資産価値は低くなります。

このように、土地を購入する場合や家を建てる場合には、事前の現地調査をすることがとても重要になりますので、あらかじめ足を運ぶことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ