旅行保険は、傷害治療費用、疾病治療費用、傷害死亡、後遺障害などの保障があります

毎年、ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークや年末年始など、旅行に行く方が多くいます。
国内旅行や海外旅行で、色々な場所へ旅行に行くと思いますが、旅行先で怪我や盗難にあったり、お土産店で商品を壊してしまったりと色々なトラブルに遭う場合があります。国内ならまだしも、海外で怪我等をした時は、救急車が有料であったり、治療代が莫大に掛かってしまったりと日本国内での常識が通用しないことがあるものです。

そんな時に、入っておくと非常に安心出来るものが旅行保険で、この保険でカバーできる主な保障は、傷害治療費用、疾病治療費用、傷害死亡、後遺障害、疾病死亡、賠償責任、救援者費用、携行品損害、入院一時金、航空機寄託手荷物遅延費用、航空機遅延費用、留守宅家財盗難、緊急一時帰国費用などがあります。
もちろん、入る保険によって保障内容は変わります。

国内の保険であれば、短い宿泊の場合には数百円で入る事が出来ます。
海外の保険の場合は、国内の保険に比べて金額は上がりますが、それでも数千円から入る事が可能です。旅行先ではどんなトラブルに遭うか分かりませんので、万が一のことを考えて、保険に入っておくべきだと言えるでしょう。

国内、海外の旅行保険に入る際、どの会社の保険がいいのか比較するの事は難しいものですが、最近ではインターネットのサイトに条件を打ち込むことで、各社の保険の料金や保証条件などを一覧で比較できるサイトが見つけられます。
これを使えば、自分にあった保険を選ぶことが出来ますので、ぜひ活用してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ