自動車保険は、万全な補償を受けるために、各社商品を比較検討してニーズと予算にあった最適なものを見つけることが必要

自動車保険は、定期的な補償見直しと、今加入している商品と他社商品を比較することがとても重要となります。
まず補償の見直しについてですが、万が一の事故の時に十分な補償を受けることが出来るかという点がポイントです。

例えば、対物賠償で無制限ではなく1000万円と設定している場合、それを超過した部分については自己負担をすることとなります。
1000万円で十分だと言う人もいるかもしれませんが、相手方が何千万円もする精密機器を積載していてそこに追突をしてしまい、その機器を大きく破損してしまった場合などでは、莫大な自己負担金が確実に発生してしまいます。

他にも、怪我の治療費を実額で補償する人身傷害が付帯されていなかったために怪我の治療費が十分補償されなかったり、節約の為に車両保険を車対車の事故のみ補償タイプにしていた為に自損事故を起こしてしまった時に補償されなかったりということも多々あります。

補償の見直しをして内容を適切なものに直すことは、万全な補償を受ける為にも必要です。
次に、他社商品との比較ですが、各損保会社によって保険料はもちろん、扱っている特約や付帯されているロードサービスの内容など様々です。

自分のニーズや予算にあった商品を探すためにも、各商品を比較検討して、自分に最適なものを見つけることが大切だと言えます。
この様に、補償の見直しと商品を比べて検討することは、万全な補償を受ける為にも必ず実施すべきことであり、また、その様なアフターフォローをしてくれる代理店を選択することも同様に重要なこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ