年末調整または確定申告で申請を行うと、社会保険料などの保険料控除が受けられます。

社会保険料には、国民年金や厚生年金に健康保険などの保険料、介護保険料、労働保険料などの多様な種類があります。
これらの保険料を支払った時、年末調整や確定申告などで申請を行うと、保険料の控除が受けられます。

こうした所得控除のことを、保険料控除と呼んでいます。
これには、特別な事情による優遇政策という意味合いでも、こうした控除が発生する場合があります。

控除が受けられるのは社会保険料だけで無く、民間の生命保険会社が担当する生命保険料などでも可能なケースが存在します。
保険料控除が発生する要因としては、給与からの保険料天引きや、納税者が家庭を持つ場合での納税者以外の人の保険料立て替えなどが挙げられます。

こうした状況では、支払ったことに対する優遇がなされ、その支払いの分が所得税や住民税などの計算から除かれる場合などがあります。
年末調整などでこれら保険料控除のチェックが必要な点としては、保険料の二重払いが発生していないかどうかという点です。

職場を変えた時や家庭で配偶者や子供の支払いを肩代わりした場合、天引きの時にその分の控除がカウントされていない場合があるためです。
こうした控除を申請する時は、年末調整であれば現時点で所属する勤務先で、かつての勤め先での源泉徴収票や保険料に関する書類などを使って行われます。それらを照らし合わせ、年末調整の書類の中にある保険料の控除を示した項目の部分に記入をすることで、控除を申請することとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ