災害保険にはたくさんの種類がありますが、主なものに火災保険と地震保険があります。

災害保険にはたくさんの種類がありますが、主なものに火災保険と地震保険があります。
ここでは、それぞれの保険の内容について紹介しましょう。
まず、火災保険とは、火事になった時に、その損害の補償をしてくれるものを言います。

しかし最近は、火事になった時のみではなく、地震や落雷、台風など、様々な災害に対応している火災保険もあり、火災保険というよりかは、自宅を守ってくれる保険と考えたほうが良いでしょう。
火災保険に入る時は、自分の入ろうとしている保険が、どのような災害に対応しているのかしっかり確認しておく必要があります。

また、被害に合う可能性のある災害が明らかな場合には、その災害に対応している火災保険に入ることを検討すべきでしょう。
次に、地震保険は、地震のほか、噴火や津波など、地震に付随する災害に見舞われた際にその損害を補償する保険です。

地震によって起こってしまった火災にも補償が利きますが、逆に火災保険に入っているからといって、地震に付随して起こった火災に対応しているわけではないので、その点には十分に注意が必要です。
日本は非常に地震が多い国で、先般の東日本大震災など、甚大な被害をこうむる可能性の高い国でもあります。

地震保険を中心に火災保険などの災害保険に入っておくことは、自分の財産やその後の生活を守る重要な手段になるのです。
日頃の出費は痛いところですが、損害の可能性を考えると、是非入りたい保険の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ