総務部は備品を安く良いものを揃え、人事部は採用や昇進などの管理を行う

従業員が増えてくると、会社に総務部(課)や人事部(課)という部署が置かれる場合があります。
多くの会社では、これらは一括して1つの部署として扱われます。
仕事内容としては、主に以下のようなことを行います。
まず、備品や什器の手配など設備を整えるのが日々の仕事の1つです。

備品や什器は会社において当然揃っていると考えがちですが、これらの備品等は総務が揃えてくれるからこそ会社にあります。
また、総務部の役割としては、これらの備品を安く、良いものを揃えることが重要な仕事です。
次に、人事というだけあって、採用や昇進などの管理を行います。

採用については、最終的には経営者が判断しますが、採用の問い合わせに対する対応や学校や公共職業安定所(ハローワーク)への求人票の作成と提出、提出された履歴書の管理などを部署内で行います。

新たに会社の戦力となる人間か否かを見極める最初の窓口ですので、その役割は重要です。
また、人事考課については、経営者ないし管理職の行った判断に基づいて給与計算をしたり辞令を作成したりします。
さらに、健康保険や年金、労働保険の各種事務手続きを行います。

これらの事務手続きは会社の懐を直撃するものであるとともに、従業員にとっては将来の生活のための糧となるものですので、非常に重要な業務であり、スピーディかつ正確に行う必要があります。

その他、メンタルヘルスに関することも行います。
このように、決して目立つ業務ではないものの、会社にとって必要不可欠な部署なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ