雇用保険の加入が離職時に役立つことについて

勤め先で一定期間以上雇用保険に加入していると、離職した際に失業手当を受け取ることができるので非常に役に立ちます。
失業手当を受け取れる日数は年齢や勤め先を辞めた理由などで違いますが、仕事を失って収入が無くなった人にとっては大きな収入であると言えるでしょう。

勤め先を辞めた理由がリストラなどやむを得ない理由による会社都合の退職の場合、まだ次の就職先が見つかっていなければハローワークで失業手当の支給の手続きをすれば短い待ち期間で失業手当を受け取れます。

すぐに次の就職先が決まっている人であれば良いですが、次の就職先が決まっていない人は無収入の期間が長期になる可能性もあるので、失業手当を早くに受け取ることができるのは非常に助かる方も多いと思います。

また勤め先を辞めた理由が自己都合の場合はハローワークで失業手当の支給手続きを済ませてから3ヵ月の給付制限を経て、まだ次の就職先が見つかっていない場合に失業手当を受け取ることが出来ます。

失業手当を受け取る前に新しい就職先が見つかっていれば良いですが、不景気もあり3ヶ月の給付制限が過ぎても次の就職先が見つからない人も大勢います。

その為就職活動が長期化した際に失業手当が受け取れるのは大きいです。
また失業手当を受給中に再就職した場合は失業手当が受け取れなくなりますが、一定の条件を満たしていれば再就職手当や就業手当などを受け取れる場合があるのも雇用保険に加入することの大きなメリットのひとつです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ