雇用保険番号は、雇用保険被保険者証にある被保険者番号のこと

雇用保険は、労働者を雇用する事業は原則として強制的に適用される、国による強制保険制度です。

労働者が失業してその所得がなくなった場合、あるいは労働者の雇用の継続が困難となる事由が生じた場合、及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活と就職の促進のために失業等の給付を受けることが出来ます。
在職中に、雇用保険被保険者証の有無を確認しておく必要があります。

また、会社が雇用保険被保険者資格喪失届と離職証明書をハローワークに提出することになっているのですが、離職前に本人が離職証明書に記名押印(自筆署名でも良い)をするのが必須となっています。

離職後、雇用保険被保険者離職票を会社から受領することになりますが、もしも雇用保険被保険者離職票が交付されないときは、住居地の所轄のハローワークに行って相談をすると、ハローワークから会社へ早期手続きを依頼するなどの対応をしてくれます。
雇用保険被保険者証や雇用保険被保険者離職票には、被保険者番号などが記載されています。

この被保険者番号が俗に言う雇用保険番号のことで、その労働者個人の専用番号になっているので、注意しておきましょう。
転職したり、再就職をしたときも同じ雇用保険番号を使います。

転職や再就職をしたときは、雇用保険被保険者証と年金手帳を一緒に会社に提出すると、雇用保険と年金の加入手続きを会社が行うことになります。
雇用保険被保険者証の発行対象者は、正社員だけでなく、一定の条件を満たしたパートタイマーやアルバイト、派遣社員も含まれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ