年金生活を送るようになった時の為に、貯蓄などを十分に考え、人生設計を考えておく必要があります。

日本国内で生活している方が義務付けられている制度に、年金制度があります。
毎年、定期的、継続的に給付される年金制度は、働く事が難しくなった高齢期の生活を支えるものです。
日本では、1961年に国民年金法が開始され、国民皆年金制度が確立されました。
そして現在の年金制度の骨格にもなっている基礎年金制度が導入されたのは、1985年の年金制度の改正です。

年金制度は、老後に安心して生活をする事が出来るようにと導入されたものではありますが、現在の少子化の影響などから、年金制度について不安を持っていると言う方も多いのではないでしょうか。
日本の年金制度は、原則として、20歳以上60歳未満の国民は強制加入する事になっており、資格期間が25年以上ある方が65歳になった時に老齢基礎年金が受給できるシステムになっています。

現在でも65歳以上の方は年金生活を送っているのですが、今後も少子化が進んでいく事が考えられる為、年金を支払う方が少なくなり、財源が保障されるのかどうかが不安点として挙げられています。

現在第一線で働いている方が65歳以上になった時に、きちんと年金を受給出来るかどうかが不安視されていますが、年金生活を送るようになった時に国民年金の他に受給する事が出来る生命保険等に加入して、この不安を少しでも解消していると言う方も多いようです。

老後の生活を送らなければいけなくなった時に、安心して生活を送る事が出来るだけの貯蓄などを十分に考え、人生設計をきちんと考えておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年金

このページの先頭へ