キャッシングは多重債務に陥る方も少なくありません。

キャッシングとは、個人に対して行う小口融資のことで、消費者金融が主に行なっていた形態の融資と考えればわかりやすいでしょう。
現在では銀行も行うようになっていますが、消費者金融を利用する感覚と、そんなに違いがあるわけではなく、特徴はよく似ていて、融資の限度額の上限は50万円ほどである場合が多く、限度額の範囲内であれば繰り返し借入を行うことが出来ます。

気軽に利用でき、審査に時間がかからないという事で人気を集めていますが、一般のカードローンと比較すると金利は高めに設定されているため、長期的な利用にはあまり向いていません。
消費者金融の利用者の数は1300万人と言われており、このうちのかなりの割合が複数の金融機関から借り入れを行っている多重債務者だと言われています。

中でも消費者金融は審査が甘いために、複数の消費者金融から融資を受けることは、比較的容易に行うことが出来るのです。
多重債務であることが原因で、即座にトラブルに陥るというわけではありませんが、計画的に利用するようにしなければ返済が困難になっていくことは間違いありません。

キャッシングも消費者金融同様に短期間、必要な場合のみ利用する方が良いでしょう。
金融機関の行う融資の特徴を見極めた上での、適切な利用が求められています。
そのためには、利用する前の情報収集が重要なのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:多重債務

このページの先頭へ