交通事故に遭ってしまったら交通弁護士に依頼する方が良い

交通事故は、誰にでも起きる可能性のある出来事です。
その様な場面に突然遭遇した場合、殆どの人はパニックを起こし、冷静な判断力を失ってしまいます。

先ずは、けが人の救護をし、警察に連絡をし、次に、双方の保障問題に入っていきますが、多くの人は、一生に何度も交通事故に遭うものではありません。
示談交渉の時、保険会社に任せる事になるでしょう。
しかし、被害者にとって、相手は保険会社というプロです。

保険会社では、賠償額を出来る限り低く抑える為に、自社で設定した基準を設けた「任意保険基準」を提示してきます。
その提示で直ぐに署名をすると、後悔する事になります。
軽症だと思っていても、のちのち後遺症が出てくる場合も有るからです。
そこで、出来るだけ早い段階で、交通弁護士に依頼をすることをお勧めします。

交通弁護士に依頼する事により、賠償基準も、「任意保険基準」から「裁判基準」に変更できます。
交通弁護士には普通の弁護士とは違い医学的知識が有る為、適正な後遺障害等級を獲得し、適正な損害賠償を勝ち取れます。

いくら賠償されても、後遺症が残っていれば被害者は苦痛ですが、正当な賠償さえなければ、被害者はもっと救われません。
弁護士に依頼すると費用が掛かるのではと思ってしまいますが、交通事故弁護士相談には無料相談が有り、成功報酬となっていたり、自動車保険の特約に「弁護士費用特約」が付いている事もあります。

また、デメリットと言えば、法律事務所まで出向く事くらいです。
上手く交通弁護士を利用して、後悔の無いようにしましよう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ