労働契約を結ぶ際に立場の優位な雇用者側からの一方的な不当な契約内容が横行しない様、労働基準法規則は存在します

日本の憲法の国民への三大義務の一つにもなっているのが労働です。
学問の段階を終えると人は皆社会人となって様々な仕事に就きますが、その際に労働契約を結び、雇用者と被雇用者の関係になります。

「労働契約を結ぶ際に立場の優位な雇用者側からの一方的な不当な契約内容が横行しない様、労働基準法規則は存在します」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法では第3章に賃金の記述があり最低賃金法によって最低限の金額が定められています

労働に従事する場合、労働基本権に基づき最低限支払われなければならない賃金の下限額「最低賃金」が保障されます。労働基準法第3章に賃金の記述があり、最低限の基準を保障しています。日本では日本国憲法第25条の決まりに基づき、最低賃金法によって定められています。

「労働基準法では第3章に賃金の記述があり最低賃金法によって最低限の金額が定められています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

「労働基準法」は厚生労働省が担当しており、変形労働制やフレックスタイム制に対応した改正を行いました

労働基準法とは、労働組合法、労働関係調整法と共に「労働三法」とされ、労働に対する様々な規制を定めている日本の法律です。
日本国憲法第27条2項にて賃金や就業時間、そして休息などに関する勤労条件を明確にし必要性が謳われており、制定は1947年となります。

「「労働基準法」は厚生労働省が担当しており、変形労働制やフレックスタイム制に対応した改正を行いました」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

日本の労働基準法第32条により就業時間は定められています

日本では、労働基準法第32条第1項に基づき労働時間の上限が定められています。
労働基準法に定められた労働時間を「法定労働時間」、就業規則などで企業によって決められていた労働時間から休憩時間を除いた時間を「所定労働時間」と言います。

「日本の労働基準法第32条により就業時間は定められています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法による労働時間と割増賃金の支払いの関係

労働基準法により、労働時間は原則として1日に8時間、週に40時間を超えてはならないとされています。
また、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間の休憩が必要とされており、これらが「法定労働時間」です。

「労働基準法による労働時間と割増賃金の支払いの関係」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法にも定められている有給休暇日数を消化しよう

企業に雇用されて働く場合、その雇用形態は様々です。
正社員として働く方もいれば派遣社員として働く方もいて、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選ぶ事で、生活の充実に繋がります。

「労働基準法にも定められている有給休暇日数を消化しよう」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法施行令により定められた事項

私達が生活をしていく上で一番必要なものと言えば、やはりお金になります。
食事をする為にもお金が必要ですし、何をするにしてもお金は欠かすことができない存在です。

「労働基準法施行令により定められた事項」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

国家公務員や地方公務員は労働基準法の適用を受ける

日本における公務員は、「国家公務員」と「地方公務員」の2つに分けることができます。
日本の公務員制度にあっては、特別職と一般職というものがあります。
公務員の特別職とは、選挙や国会の議決や地方議会の同意が必要とされている職にある者をいいます。

「国家公務員や地方公務員は労働基準法の適用を受ける」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

給与減額の限度は、労働基準法でその限度が定められています。

企業では、従業員の違反行為があった場合には、処分が下されることになります。
その処分とし最も多いのが、給与減額、つまり減給処分です。
減給処分は、労働基準法でその限度が定められています。
それは、減額される金額があまりにも高いと、従業員の生活をも脅かすことになるからです。

「給与減額の限度は、労働基準法でその限度が定められています。」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法違反の可能性がある時の相談窓口として、のハローワーク

会社などに雇用されて働いていると、様々な労働問題に巻き込まれることがあります。
会社が大きく多忙になるほど、過密労働、賃金格差、意に沿わない配転など、様々な労働問題が生じ得ます。
そして、労働問題が表面化した時、判断の基準となるのが労働基準法という法律です。

「労働基準法違反の可能性がある時の相談窓口として、のハローワーク」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

このページの先頭へ