医療保険は、終身であることが一番重要であり、ほとんどが掛け捨てタイプです

医療保険には加入しましょう。
医療保険とは、病気やケガで万が一入院や手術をした場合に保険金が給付されるものです。
いくらくらい入ればいいのかと疑問があるでしょうが、結論から述べますと、予算の範囲内でということになります。

もちろん、保障はたくさんあったほうが良いです。
しかし、保険会社が勧める保険に全部加入していると、生活ができなくなるでしょう。
したがって、予算の範囲内で検討するしかありませんが、検討課題の中で一番重要なのが終身です。

終身は文字通り一生保障が付きますので、とっても安心なのですが、その分保険料はというと他の商品に比べると少し高めになっています。
保険ですので、基本的に健康であることが加入できる条件となりますので、健康なうちに終身のものに入っておきましょう。

期間が設定されているものはその分保険料は安いですが、期間満了時にまた再加入できるかどうかは健康状態次第です。
もしかすると、加入したくても加入できないかもしれませんので、終身は早めに加入しましょう。

ところで、終身だけですとおそらく保険金額はそんなに高くは設定できないはずです。
ある一定期間は保険金額を高めたい、そんな時には定期保険を組み合わせるのがお勧めです。
あらかじめ、期間を定めてその分だけ保険料を支払います。

ほとんどが掛け捨てタイプですので、保険料もかなりお得になってます。
ここは考え方ですが、安心を求める以上どうしても掛け捨てになる部分は出てきます。
とはいっても、もしもの時には非常に頼りになりますので、加入はしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ