アウトソーシングは、主に経理などの事務仕事が多く、中には、人事を代行するサービス

アウトソーシングというものが、一時期流行した時期がありました。
正確に言えば今もかなりの勢いで増えているのですが、その時は異常なほどアウトソーシングがもてはやされたのです。

アウトソーシングとは、外部に委託できるものは外部に委託してしまおうという考えを実現させた事業で、主に経理などの事務仕事を代行するところが多くなっています。
その中に、人事を代行するサービスがあります。
中小企業には、人事課という部門がないところが存在しています。

大体は総務課が兼業しているものですが、そうすると、テクニックやノウハウがまったくない状態で採用に望まなくてはいけません。
中小企業によっては、殆ど社長の裁量で決まると言っていいのでそれでも構わないのですが、できることなら効率的によい人材を集めたいと思っている中小企業がこのようなサービスを利用し始めています。

主に、社長に目通しする前の段階のことをやるのですが、最低限の筆記テストや書類選考での書類審査、応募者との連絡業務などを請け負っています。
自分の会社で一緒に働くことになる人は自分達で決めたいと考えるものですが、この外部委託が意外と好評で、良い人材が集まると評判になり、中小企業の横のつながりで広がりを見せています。

大企業は独自の人事課を持っていてノウハウも蓄積しているので採用活動にはまったく問題ありませんが、このような中小企業の潜在的な需要をよくぞ発見できたものだと評価されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ