転職時に人事担当者にアピールする方法

終身雇用という考え方が無くなって来た最近では転職を考える人も珍しくなく、それを支援するサイトも多く存在します。
そうした中で、人事担当者に良いイメージを与える面接での言動について、NGとされるものなども含めて考えていきましょう。

まずは、転職の理由が明確であることが必要です。この理由が甘いと、現職での不満だけとみなされてしまう場合がほとんどなので、次の会社ではどんなことをしたいのかをはっきりとさせて下さい。条件面に対しても、現職からの給与アップを望むことも立派な理由ですが、成果を発揮する裏付けが無いと自己認知が甘いと思われてしまいます。

また、新卒での採用でも言えることですが、企業研究をすることは非常に重要です。
ホームページで分かるような質問をしてしまったり、小売関係で運営している店舗に行ったことが無かったりすると人事担当者からすればマイナスな印象にしかならないでしょう。

自己PRについても、テンプレートにはめたような定型のPRで、自分の言葉で語ることが出来なければ準備不足ととられてしまいます。良くあるとされるのが面接での発言に一貫性が無く矛盾がある場合で、そういう印象を持たれてしまうと、せっかくのアピールも表面的としてしか感じてもらえなくなる傾向があるので注意です。

転職にあたっては、これまで自分のしてきた仕事に対する経験と、はっきりとした志望動機を持ち、転職先ではどのようなことが出来るのかを人事担当者にしっかりとアピールをすることが重要であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人事労務

このページの先頭へ