年金運用方法は、個人が納めた保険料を個人に返すと言う積立方式ではありません

日本では、20歳になった時に年金制度に加入する事が義務付けられています。
私達が生活をしていく上で、必ず必要なものはお金です。
ご飯を食べる為には食材等を購入しなければいけませんし、衣類などを購入する為にもお金が必要となってきます。

そのお金を稼ぐ為に人は働くのですが、会社には定年制度が設けられている場合が多いですし、高齢になってからも働き続けるのは難しい為、働いたお金を貯蓄しておく事で、収入がなくなった老後の生活を送る事になります。
この老後の生活を送る時に給付されるのが、年金と言う制度です。

年金運用方法は、個人個人が納めた保険料をそのまま個人に返すと言う積立方式ではなく、働く事が出来ている若い世代の方達が納めた保険料を、現在高齢で働く事が出来なくなっている高齢者の年金給付に利用すると言う方法です。
まさに、世代と世代の支え合いにより年金運用が成り立っています。

しかし、現在の日本では、高齢化が進むとともに少子化が進んできている状態です。
少子化に少しでも歯止めをかける為に、こども手当など様々な政策が行われていますが、なかなか改善される事がない難しい問題となっています。

私達が年金生活を送る年齢になった時に、本当に年金を受給する事が出来るのかと言う不安はどうしてもぬぐう事が出来ません。
しかし、年金制度は義務付けられているものですので、必ず年金は納める必要があります。
時代と共に年金制度にも変化が表れるかもしれませんが、少しでも老後の不安を解消してくれるものになる事をこれからも期待しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年金

このページの先頭へ