任意整理後、残った借金については、通常は3年間で分割して支払う事に、信用情報機関にその事実が登録される事になります。

会社で一従業員として雇用されて働く場合には、投資などは必要ありませんが、会社を経営する立場になった場合には、経営する為にまず借金から始まる事が多くなります。
事業が上手くいっている間は借金の返済なども滞りなく済ませる事が出来ますが、借金の返済が出来なくなってしまうぐらい業績が悪くなってしまう事も考えられます。

借金に借金を重ねてしまうという、最悪のケースに陥る可能性も出てきます。
そして、借金の返済が不可能になってしまった場合、様々な対処方法が行われる事があります。
その中の1つが、任意整理です。

これは、裁判所などの公的機関を通して行うのではなく、債権者と私的に話し合いをし、借金の減額や利息のカットなど、様々な返済方法を考え、和解に向けて話を勧めて行く手続きの事を言います。

任意と言う事になる為、債権者は話し合いに応じなければいけないと言う義務はないものです。
借金の任意整理をすると言う事は破産とは違い、借金を帳消しにするものではありません。
任意整理後、残った借金については、通常は3年間で分割して支払う事になりますが、任意整理を行う事で信用情報機関に任意整理の事実が登録される事になります。

信用情報機関に登録される事で今後の生活の中で何らかの影響が出ると考えられますが、借金について今自分が出来る最適な方法を取るしかないと言う状況だと思いますので、借金の返済が少しでも楽に出来る事の方を優先するべきだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ