特許制度は考案者に発明の独占を認め、その発明を公表する事により新たな技術の発展を促進する制度です

様々なアイディアやデザイン、技術は現在の暮らしを快適で便利にしてくれますが、それらを許可なく勝手に使用されたり真似されたりする社会では、新しい物を造り出そうとする創作者の意気込みが失われてしまいます。

しかし、アイディアやデザイン、技術は有形ではないので、構想を知られるという行為だけで盗まれたことになり、誰でも時間や費用をかける事無く同じ物を造り出すアイディアを得てしまうのです。

知的財産権とは、アイディアやデザイン、技術開発など知的創造活動によって生まれた物を、創作した人の財産として保護する制度で、その中でアイディアや物、物を生産する方法の発明を保護対象とし、財産として守る制度を特許制度と言います。

特許制度というのは、その技術やアイディアの考案者に発明の独占を認め、その発明を公表する事により新たな技術開発のヒントにしてもらい、技術の発展を促進する制度です。

例えば、現在ほとんどの人が所有する携帯電話ですが、1980年代に発売された当時の商品は、コードレスとはいえ重さが3,000グラムもありカバンの様なサイズであったため、持ち歩くには不便でした。

しかし、多くの発明によってどんどん小型化され、今ではGPS対応やカメラ機能、財布機能、防水加工など様々な機能が付加されて非常に便利な物となり、現代人の生活に欠かせなくなっています。この例からも分かる様に特許制度は、日本の経済成長を支える柱の一つだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:特許

このページの先頭へ