民事再生

森本組が民事再生申請に至る経緯とその後について

2000年代に入ると、中堅ゼネコンの民事再生申請が増えていきましたが、大阪証券取引所に上場していた森本組も同じく、2003年に民事再生を申請しました。 森本組は、官公庁向け土木工事を主力として営業展開していましたが、バブル崩壊後に、マンショ...
民事再生

清算型民事再生とは、譲渡許可をもらい、事業を一旦別会社に譲渡

企業の資金繰りが厳しくなったり、経営を続けることが困難と判断されたりした時は、早期の財政整理が求められますが、その際に取る手段として、主に民事再生と倒産の2つの方法が挙げられます。 いずれも債権者と債務者の話し合いによる私的整理や、裁判所の...
民事再生

誤用されやすい民事再生と会社更生との違いについて

個人や企業の財政状況が悪くなった時、裁判所に経営状態の再構築を申請する場合があり、その際に使われる方法として、民事再生と会社更生の2つが挙げられます。 これらはいずれも経営破綻の危機がある時に取られる手法ですが、2つの方法の違いを比較してみ...
スポンサーリンク
民事再生

民事再生における管財人の役割について

企業の財政状況が悪くなり、経営状態の再構築を図るために裁判所へ民事再生を申請すると、その手続きの中で裁判所から数人の管財人が派遣されます。 この管財人とは、主に経営状態の再構築における管理を担当する役割を持っています。
民事再生

民事再生の手続きを行う場合に、再生計画を見直しても経営がうまくいかなくなった場合

企業が民事再生手続きを行った場合に、再生計画を再三見直しても結局経営がうまく軌道にのらないことが明確になった際に、民事再生手続きは、破産手続きに移行することになります。 企業が事実上だけでなく、法律上も倒産することになるのです。
民事再生

民事再生の手続きをする際、地方裁判所に予納金を支払う。

民事再生は、経営破綻する恐れのある企業が取ることのできる法的措置のことで、裁判所が選出した監督委員や裁判所の監督のもとに、経営陣の退任せずに財産の管理権を維持したままで債務者自らがつまり経営破綻しそうな企業が事業を破綻状態から再建していこう...
民事再生

民事再生をする流れは、まず申し立てを行います。

会社が倒産するケースでよく聞くものに、民事再生法という制度がありますが、この制度は企業の再建型手続きの基本といわれる制度で、債務者の事業や経済的な再生を図ることを主な目的にしています。 この再生手続きの流れは以下の通りです。
民事再生

民事再生中の企業は、企業情報を提供する会社が刊行する日刊誌などで知れます。

企業の倒産とは、一般に、経営が破綻して、かかえた債務の返済が不可能になることを指していますが、法令上の明確な定義はありません。 したがって、企業が倒産状態にある場合にも、段階的な状態が存在します。
民事再生

民事再生法と会社更生法の違いと比較

民事再生法と会社更生法。 どちらも事業の維持と経済生活の安定を図る為の、経営破綻した会社が再建を果たすための法律であり、ニュースなどでも度々耳にするかと思います。 どちらも再建型の制度ですが、その違いを比較してみましょう。 まず大きな違いと...
民事再生

民事再生法が適用された企業の債権者は、企業再建の計画案を作成します。

民事再生法は、それまでの和議法に代わって、その欠点を補う形で制定されました。 同じような趣旨をもつ会社更生法とは異なり、手続き開始まで5か月足らずで行える点も大きな特徴となっています。 それもそのはず、そもそも民事再生法は、企業の再建を前向...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました