労働保険の一種である雇用保険は、離職理由によって給付される日数が変わってきます

労働保険の一種である雇用保険は、企業で働く人々が何らかの理由で働くことが不可能になった場合に、再就職するまでの期間、一定額の金銭が支給されるものです。
失業保険とも言われており、加入するには、この保険を適用している会社で働く必要があります。

「労働保険の一種である雇用保険は、離職理由によって給付される日数が変わってきます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

自己都合で退職した場合の雇用保険は、3ヵ月間の給付制限があります

会社を辞める時には退職の手続きがあります。
勤務している会社で雇用保険をかけている場合は、失業保険の手続きをしなければなりません。

「自己都合で退職した場合の雇用保険は、3ヵ月間の給付制限があります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

ボーナスとも呼ばれる賞与は、雇用保険に入っている場合には保険料が差し引かれて支給されます

多くの会社で夏と冬のボーナスと言われる賞与は、毎月貰っている給与と同じように各種控除を行い、差し引き支給額を決めなければいけません。
そもそも賞与とは何かと言うと、「3ヶ月を超える期間ごとに受けるもの」と法律で定義されており、定期の給与とは別に支払われる金銭のことです。

「ボーナスとも呼ばれる賞与は、雇用保険に入っている場合には保険料が差し引かれて支給されます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険に加入していれば育児休暇給付金を受け取る事ができます

働く女性にとって、結婚をしても働き続ける事は難しく感じなくても、出産となると色々な悩みや不安が生じてくるものです。体調さえ良ければギリギリまで働けるとしても、産休は取らなければいけない事が労働基準法で決められていますし、その後も継続して休暇を取った際には給与はどうなるのか不安になるでしょう。

「雇用保険に加入していれば育児休暇給付金を受け取る事ができます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険は失業後に一定額の手当てが受け取れる保険で、対象条件に該当していれば受給期間の延長が認められています

雇用保険は労働保険の一種で、民間の会社で働く人が何らかの理由で働けなくなり失業となった際に、再び就職するまでの間に一定額の手当てが受け取れる保険です。
この貰える金額や期間については、仕事を行っていた時の給料や働いた期間、どういった理由で失業になったかなど、人によってそれぞれ異なります。

「雇用保険は失業後に一定額の手当てが受け取れる保険で、対象条件に該当していれば受給期間の延長が認められています」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険では、労働者を一人以上雇用し被保険者となる要件を満たしている労働者がいた場合、適用事業所となります

雇用保険では、労働者を一人以上雇用して、被保険者となる要件を満たしている労働者がいた場合に適用事業所となります。個人事業主だと適用事業所にならないと認識している人は多いですが、労働者が5名を超えた場合には加入する必要がありますので、もし該当するのであれば確認しておきましょう。

「雇用保険では、労働者を一人以上雇用し被保険者となる要件を満たしている労働者がいた場合、適用事業所となります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

万が一失業した場合には、雇用保険加入者は失業手当を受給することができます

もし、万が一失業した場合には、雇用保険加入者は失業手当を受給することができます。
受給手続きにあたっては、雇用保険被保険者離職票が必要となってくるので、退職するときに作成を依頼しておく必要があります。

「万が一失業した場合には、雇用保険加入者は失業手当を受給することができます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険の被保険者の加入条件は、一週間の所定労働時間が20時間以上、また30日以上の雇用見込みがあることです

従業員を雇い入れると、事業規模に関わりなく従業員は雇用保険の被保険者になります。
被保険者の加入条件は、一週間の所定労働時間が20時間以上で、また30日以上の雇用見込みがあることです。30日以上の見込みがない、たとえば1週間だけの短期の場合は加入する必要はありません。

「雇用保険の被保険者の加入条件は、一週間の所定労働時間が20時間以上、また30日以上の雇用見込みがあることです」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

労働保険のうち労働者の生活安定を図るための雇用保険

労働者災害補償保険と言われる労災保険と雇用保険を総称した言葉である労働保険は、労働者を一人でも雇っていれば労働保険料を納めなければいけません。
この労働保険のうちの一つである雇用保険は、労働者が何らかの理由で失業してしまった場合に、生活安定を図るため再就職するまで一定の間、手当てが受け取れる保険です。

「労働保険のうち労働者の生活安定を図るための雇用保険」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

雇用保険料は、経済状態や失業者の全体の人数などによって毎年変わっています

給与明細にある雇用保険料は一体何%かご存知でしょうか。
事業の種類によっても違いますが、一般の事業の場合では1,000分の5(0.5%)となっています。

「雇用保険料は、経済状態や失業者の全体の人数などによって毎年変わっています」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ