相続登記を済ませなければならない期限は特にありませんが、手続きをしないままでいると不都合やトラブルを招き兼ねません

不動産の名義人が死亡するとその不動産の所有権は相続人に移りますが、被相続人が亡くなった時点で自動的に権利が移動されるという事はありません。
何もせずに黙ったままでは、事実上の所有権は何も与えられないのです。
不動産を正式に取得するには相続登記という手続きが必須となります。

「相続登記を済ませなければならない期限は特にありませんが、手続きをしないままでいると不都合やトラブルを招き兼ねません」の続きを読む

カテゴリー:相続

遺産相続をスムーズに行うために遺しておきたいのが遺言書で、その種類としては大きく3つあります

遺産相続というと、当事者から考えた場合には縁起の悪い話としてタブー視される事もありますが、もしもの事があった時に争いが生じてしまうと、相続が「争続」になってしまうケースも良く聞かれます。

「遺産相続をスムーズに行うために遺しておきたいのが遺言書で、その種類としては大きく3つあります」の続きを読む

カテゴリー:相続

農業後継者の育成と農地の細分化を防止する対策として納税猶予制度が設けられており、相続税が免除になる場合があります

遺産相続によって取得した農耕地に対しては、権利移動等を記す農地法3条に基づく許可を受ける必要がありません。耕作目的で土地の売買や贈与を行い所有権の移転をしたり、土地に賃貸権や使用貸借権を設定したりする場合は、農業委員会または県知事の許可が必要となり、許可を受けずに農耕地を売買したり貸し借りをしても無効となります。

「農業後継者の育成と農地の細分化を防止する対策として納税猶予制度が設けられており、相続税が免除になる場合があります」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います

相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います。
土地は時価を計算する事が原則ですが、全ての土地の時価を計算する事は非常に困難です。

「相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続にまつわる手続きのそれぞれの期限を考慮して無駄な手間や時間を省き、スムーズに手続きを済ませましょう

親族の死に直面して、遺産の引き継ぎに苦労した話は少なくありません。
相続は人が死亡した時から開始され、基本的に手続きは死亡した日を基準に行われます。

「相続にまつわる手続きのそれぞれの期限を考慮して無駄な手間や時間を省き、スムーズに手続きを済ませましょう」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続税の基礎控除額は高額であり、遺産を受け取る権利がある人数によって変動します

相続は、亡くなった人が持っていた財産の権利や義務を受け継ぐことです。
受け継ぐ財産には、不動産や預貯金、債券などのプラス財産だけではなく、借金や未納の税金などのマイナス財産も含まれます。財産を受け継いだ家族などには税金が課せられますが、全ての人にかかるわけではありません。

「相続税の基礎控除額は高額であり、遺産を受け取る権利がある人数によって変動します」の続きを読む

カテゴリー:相続

円滑に分割相続を行う為に、実務的にも行われている有効な手段を紹介します

人が死亡した際に法定相続人が複数名存在する場合、共同相続という形態になります。
遺産は現金や預貯金の他に不動産などが挙げられますが、被相続人の不動産名義を共同相続のまま登記する事は可能です。

「円滑に分割相続を行う為に、実務的にも行われている有効な手段を紹介します」の続きを読む

カテゴリー:相続

複数の相続人が存在し遺産を共有している状態から、それぞれ各単独所有に変える事を遺産分割と言います

複数の相続人が存在し遺産を共有している状態から、各相続人で単独所有に変える事を遺産分割と言います。

「複数の相続人が存在し遺産を共有している状態から、それぞれ各単独所有に変える事を遺産分割と言います」の続きを読む

カテゴリー:相続

その財産を相続した場合、親族が亡くなってから10か月以内に申告して、発生した税金を納めなければなりません

親族が亡くなると、亡くなった親族が有していた財産に関する権利と義務を相続人が引き継ぐことになります。
対象となる財産には、預貯金や不動産などのプラス財産と共に、未納の税金や借金などのマイナス財産も含まれています。

「その財産を相続した場合、親族が亡くなってから10か月以内に申告して、発生した税金を納めなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続が発生した際に必要な手続きは2つありますので、きちんと把握しておきましょう

人が亡くなった際に、妻や子供など一定の血縁者が遺産を引き継ぐ事を相続と呼びますが、受け継ぐ遺産は土地や建物、現金や預金だけでなく、貸金や売掛金といった債権も対象となります。しかし、プラスの財産のみではなく、借金や損害賠償責務といった負の遺産も引き継ぎしなければなりません。

「相続が発生した際に必要な手続きは2つありますので、きちんと把握しておきましょう」の続きを読む

カテゴリー:相続

このページの先頭へ