住宅用不動産では、利便性、また商業地域が近いかどうかなどがポイントになります

住宅を新築するために不動産を探す場合、大きな地域を決めて、その中から対象となる土地の区画をみることになります。
地域を決めるポイントとして、最も大きいのは利便性です。
公共交通機関があるかどうかが重要な判断材料となります。

現代社会では移動の多くは自動車になりますが、土地の評価をしていく上ではどのような所有者にとっても利便性の高い土地の評価が高くなります。
また、土地の強さも重要です。

地盤については、区画によって異なってくるものですが、大きなエリアで見た場合にも軟弱地盤の地域がありますので、そのような地域は評価が下がってしまいます。
利便性の一つにもなりますが、商業地域が近いかどうかもポイントになります。
次に、区画についてですが、これは様々な要因で評価が変わってきます。

分譲地でない場合には比較すると違いがないため、評価は難しいかもしれませんが、分譲地で考えた場合には、その土地の方位や高低差、形がポイントになるでしょう。
方位については、一般的には宅地の南側が道路と隣接している場合が評価が高くなります。

特に、東南の角地であれば、朝日が入ってそのまま日中は明るく西日は入らないというベストな方位とされます。
高低差については、一般的に高い方が評価が高いです。

もちろん、あまりにも高低差がある場合には利便性が落ちるだけでなく外構に費用がかかってしまいます。
そして、形については正方形が好まれる傾向がありますが、長方形でも構いません。
ただし、間口が広いことは大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ