一定の期間内を保障する定期保険は他の保険よりも保険料が安く設定されていて、年金型や逓減型などがあります

生命保険は多数あり、保障が一生涯続いて何歳で亡くなっても保険金が受け取れる終身保険や、保険期間中での死亡時や満期時に保険金が支払われ、保障と貯蓄の面を併せ持つ養老保険など様々です。その中の一つに挙げられる定期保険は、保障期間が一定に決められており、期間内ですと保険が有効となります。

期間限定の保障のため、決められた期間を1日でも過ぎれば保障は受けられない掛け捨てタイプです。
掛け捨ての定期保険は、終身保険や養老保険のように積み立てがないため保険料が安く、自分の定めた契約期間を無駄なく確保できます。

さらに、病気といった健康状態に関係なく、ある一定の年齢まで更新を行うことも可能など加入のメリットは多いです。
この定期タイプの保険の中にも種類がいくつか設けられていて、年金型や逓減型といったものに分類されます。

年金型は保険金を少ない額で受け取り続ける年金のような保険で、給料と同じくその月ごとに分割して保険金が貰えます。
収支計画を立てたり毎月の金銭管理も行いやすいので、安定した生活を送りたい人には特にお勧めです。

また、逓減型はと言うと、こちらは毎年一定の割合で保険額が減っていくタイプとなっていて、子供に掛かる養育費や経済的負担といった費用は徐々に減りますから、それを見越して年数が経つにつれて少なくなり、保険料の払い過ぎが防げて便利になります。

一定期間の保障とする定期保険はこうしたいくつかの種類に分かれているので、自分に合ったタイプを見つけて加入しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:保険について

このページの先頭へ