バイク事故による慰謝料と各種保険制度

不幸にしてバイク事故を起こしてしまった場合、相手方の物的・人的・精神的損害について賠償責任が生じます。
一例としてバイクに対して巻き込み事故を起こしてしまった場合、バイクが破損していればバイクの修理代(物的損害)を賠償します。

また、怪我をさせてしまったような場合、通院費、治療費、仕事を休むことによって生じた逸失利益などを賠償する必要があります(人的損害)。
特にバイクに乗っている人に対して事故を起こしてしまったような場合、人的損害の額も大きくなりがちです。

そしてさらに事故によって生じた精神的損害について慰謝料を支払う責任が生じます(精神的損害)。
これらの損害を自ら支払うことは大変な金銭的困難を伴います。

そのため、自賠責その他保険会社の保険を利用して支払うことになり、保険の適用に関して、慰謝料についても保険制度の保障の対象となります。
自賠責保険の場合、慰謝料の額は定額化されており、1日について一律4200円となり、他方、任意加入の保険の場合は契約の内容によって賠償額が異なります。

このような保険制度のうち、バイク事故に備えて自賠責保険はもちろん、任意保険に加入されておくことも強くおすすめします。
バイクに対する事故は人身損害を生じさせやすく、自賠責保険だけでは損害を十分にまかなえない場合もあります。

また自賠責保険は物的損害に対しては適用がないため、高額なバイクを破損してしまった場合に保険を利用することができません。
やや高額にはなるものの、保険会社の保険に加入されることを強くおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ