労働保険保険料申告書を使った手続きとその代行について

労働保険保険料申告書は、主に労働保険の年度更新に利用される申告書です。
労災保険と雇用保険を総称する労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間の保険年度で計算し、全ての労働者の賃金に支払われる賃金の総額に、それぞれの保険料率を乗じて算定されます。

労働保険の場合には保険年度ごとに概算で行う事になっており、6月1日から7月10日までの間に、保険年度末に確定した賃金総額によって算出された確定保険料の申告・納付と、新年度の概算保険料の申告・納付を行うのが年度更新です。

こうした手続きが遅れてしまった場合には、政府によって保険料や拠出金の額が決定される上、追徴金を課される場合もあります。
こうした労働保険保険料申告書の書き方に関しては、厚生労働省のホームページでも紹介されているので、自社の担当者が毎年行なっているケースも多いでしょう。

こうした手間を避けて、適切な申告をサポートしてくれるのが社会保険労務士です。
社会保険労務士は、こうした労働保険関係の手続きだけでなく、就業規則の改正・作成業務や給与計算業務などの代行も行なっています。

年度更新にあたっては給与のデータも必要となるため、給与計算も任せておけばスムーズに依頼をする事が可能です。

また、合わせて依頼を行う事で、経理事務の担当社員への負担を軽減出来るだけでなく、料金の割引を行なっている事務所も少なくありません。
労働保険保険料申告書などの手続きに手間を取りたくない方は、アウトソーシングをしてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:労働保険

このページの先頭へ