勤務先の労働保険適用状況を厚労省サイトでチェック

労働保険には労災保険と雇用保険の二種類がありますが、それらの従業員に対する役割は重要です。

まず労災保険は、業務中や通勤中に従業員が怪我をした時や仕事が原因で病気にかかってしまった時、あるいは障害が残ったり死亡してしまったりしたという場合に、、その従業員または遺族へ補償をするという制度です。

雇用保険は、失業した際に一定の期間給付金を貰える制度で、失業中の生活の安定を図ります。事業主は、パートやアルバイトも含めて一人でも雇用した場合には必ず加入手続きを取らなければなりません。しかし、法律で義務付けられているものの未加入の事業所も存在しているのも事実です。

ひどいケースでは、未加入のまま保険料と称して給料天引きしている企業も存在します。労災保険が必要になった時や失業した時等に適切な対処をして貰う為、自分が勤めている会社または入社を希望している会社が労働保険適用事業所なのか確認する事は必要だと言えます。

それを調べる簡単な方法として、厚労省のWEBサイトを活用する方法があります。
こちらでは労働保険適用事業場の検索をする事が出来ますので、ハローワークへわざわざ足を運ばなくても大丈夫です。

例外的に労働保険適用外とする事業所は、国直営事業・官公署事業や、一定の条件を満たす農業・林業・水産業の暫定任意提要事業と呼ばれる事業に限られています。その他の労働者を雇う事業主は労働保険に加入していなければならないという事を、よく念頭に置いておく必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:労働保険

このページの先頭へ