相続にまつわる手続きのそれぞれの期限を考慮して無駄な手間や時間を省き、スムーズに手続きを済ませましょう

親族の死に直面して、遺産の引き継ぎに苦労した話は少なくありません。
相続は人が死亡した時から開始され、基本的に手続きは死亡した日を基準に行われます。

遺産を取得する手続きを理解しようとする際は、まず全体の流れを知り、期限内にどんな手続きを行わなければを把握し、優先順位を考えて行動すれば無駄な手間や時間、更には費用を取り除く事が可能となります。

遺産の状況によって違いもありますが、一般的な流れとしては、まず遺言書の有無を確認します。自筆証書遺言や秘密証書遺言がある場合は家庭裁判所で検認手続きを行い、遺言書がない場合や遺言書が公正証書の事案は法律上の相続人は誰かの調査・確定を行います。

実際調査した所、財産を受け取る権利を持つ人が意外な所から出てきたり、遺産分割の権利があると思っていた人に実は権利がなかったりする事例もあります。
それから、相続財産として何がどれだけ存在するのかを調査しますが、その際は預金や現金、不動産だけでなく、ローンや借金といったものに関しても具体的な数字を出します。

遺産がはっきりして財産も負債も一切引き継がない場合は、死亡したと知った日から3か月以内に相続放棄の手続きを取ります。
また、死亡した人が確定申告の必要があった人ならば、死亡した翌日から4カ月以内に準確定申告をします。

財産も負債も、遺産を引き継ぐ手続きを取る選択をした際は遺産分割協議を行い、全員の同意が得られて引き継ぐ財産が基礎控除を超えた金額や特例を利用する際は、相続税の申告を行います。期限は死亡した事を知った日から10カ月以内となっているので、それぞれの期限を考慮してスムーズに手続きを済ませましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相続

このページの先頭へ