残業抑制の目的から、労働基準法では月60時間以上の時間外労働があった場合の賃金の割増率は1.5倍以上という規定を設けました

毎日残業で長時間の労働を強いられると、疲労が溜まり心身に大きな悪影響を及ぼします。過労によって病気を引き起こしたりうつ病になったりするケースも近年では増加していますし、それに関するニュースもしばしば見聞きするでしょう。その対策の一環として、労働基準法では時間外労働に対する割増賃金の割増率を改定し大幅に上げました。

「残業抑制の目的から、労働基準法では月60時間以上の時間外労働があった場合の賃金の割増率は1.5倍以上という規定を設けました」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

会社側の責任により休む事を余儀なくされた場合には、休業補償がされるという事が労働基準法で定められています

もし風邪をひいた・自宅の階段から落ちて怪我をしたといったことで仕事を休んだとしたら、有給休暇を使って給与を得られるとしても、会社からの休業手当は貰う事はできません。

「会社側の責任により休む事を余儀なくされた場合には、休業補償がされるという事が労働基準法で定められています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法別表第一による事業分類の目的

労働基準法別表第一では第1号から第15号に事業を分類しており、その区分によって労働基準の詳細を定めています。
1から15号までの全てに共通している条件としては、一つは1日8時間・週40時間と定められている法定労働時間が挙げられます。

「労働基準法別表第一による事業分類の目的」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

正社員とは雇用形態が異なる派遣社員でも、賃金・産休等様々な権利が労働基準法によって守られています

現在の様々な雇用形態の中には派遣社員もあり、働き方の一つの形として確立しています。
しかし、使用人が直接労働者を雇用するのではなく、派遣元が仲介して労働者を提供するという正社員とは違うスタイルである事から、トラブルが生じ易いのも事実です。

「正社員とは雇用形態が異なる派遣社員でも、賃金・産休等様々な権利が労働基準法によって守られています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

出産の場合でも女性の雇用が守られる様、労働基準法は産休制度を定めて、安心して子供が産める環境を整えています

夫が稼ぎ手となって家族を養い、妻が家を守るというのが数十年前までの一般的なスタイルでしたが、現代は女性の就業率はどんどん伸びています。
働く女性が増えて社会に参加するのは素晴らしい事ですが、一方で出産というのも女性の人生の中で非常に大きな仕事と言えます。

「出産の場合でも女性の雇用が守られる様、労働基準法は産休制度を定めて、安心して子供が産める環境を整えています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法35条では、労働者が最低基準の休日を確保できる様に規律を定めています

労働する人々にとって働く事が生きがいという方もいるかも知れませんが、やはり休日は待ち遠しい存在で、その日を楽しみに日々仕事に頑張るという方は多いのではないでしょうか。

「労働基準法35条では、労働者が最低基準の休日を確保できる様に規律を定めています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法第24条で賃金支払いの5原則を設けています

人々が労働するのは、それに対する賃金を得て日々の生活を成り立たせる為です。
ですから、一生懸命働いたのに給料日になって「売り上げが伸びなかったから今月分は来月に払います」といった事態が起これば、その月の暮らしは成立せず大変な事になってしまいます。

「労働基準法第24条で賃金支払いの5原則を設けています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働に関わる条件が記された労働基準法では、アルバイトも有給休暇や労災での補償などが受けられます

労働に関わる条件を定めた労働基準法は、労働者の賃金や働いている時間、休暇といった最低限の基準を記したもので、会社はこれを守らねばなりません。
この基準は正規で働く社員だけでなく、アルバイトとして働いている労働者にも適用される法律です。

「労働に関わる条件が記された労働基準法では、アルバイトも有給休暇や労災での補償などが受けられます」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

身体的負担の掛かる労働をする人々を支える為に労働基準法37条があります

日本の戦後の高度経済成長の目覚ましさは世界をあっと驚かせ、経済・技術の発展により、日本はものづくり大国としてその存在を確立しました。
しかし、そこに辿り着くまでには並々ならぬ国民一人一人の努力があり、その労働慣行は今に受け継がれている部分があるのも事実です。

「身体的負担の掛かる労働をする人々を支える為に労働基準法37条があります」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

労働基準法とも深い繋がりを持つ事業所での健康診断

正規で会社に雇用されている労働者は、健康管理の一環として全員健康診断を行われければならず、これは労働安全衛生法と呼ばれる法律によって定められているものです。
この労働安全衛生法は、元々労働者の賃金・休暇・働く時間などの基準を定めた労働基準法の一部であったため、労基法とは深い繋がりがあります。

「労働基準法とも深い繋がりを持つ事業所での健康診断」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

このページの先頭へ