不動産の所有者が死亡すると相続人に所有権が移ります。権利を得る為には相続登記が必要です

不動産所有者が亡くなるとそこに相続が発生しますが、その場合、相続に関する登記をして不動産の名義を変更しなければその権利は確定しません。権利がない限り、その不動産を売却する事も担保に入れる事も出来ませんので、相続人にとっては非常に大事な手続きとなりますが、相続登記には幾つか種類があります。

「不動産の所有者が死亡すると相続人に所有権が移ります。権利を得る為には相続登記が必要です」の続きを読む

カテゴリー:登記

不動産の登記は自分で行う事も出来ますが、まずは法務局などに相談しましょう

不動産で身近なものとしては土地や建物がありますが、この土地や建物の物理的な現況や所有権をはじめとした権利関係を示すために必要となるのが登記の手続きです。

「不動産の登記は自分で行う事も出来ますが、まずは法務局などに相談しましょう」の続きを読む

カテゴリー:登記

会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です

会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です。
会社実印は判を押す事で、企業や団体の代表者の存在を法律的に裏付ける役割を果たす重要な判子で、また、会社の代表者としての働きを持つので代表者印という呼ばれ方もします。代表者印には定型があり、それに従い作成を行います。

「会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です」の続きを読む

カテゴリー:登記

法人登記簿謄本は登記簿の写しなので、その登記簿の記載事項が事実だという事を公に証明しています

会社の登記情報が記載された法人登記簿謄本は、その会社が国の認める企業として確かに存在し、どの様な事業を目的に、誰が役員や代表となり、幾らの資本金で運営されているかを裏付けるものなので、新規に取引を行う場面などでは相手方の信頼を得る為の手段の一つとして有効です。

「法人登記簿謄本は登記簿の写しなので、その登記簿の記載事項が事実だという事を公に証明しています」の続きを読む

カテゴリー:登記

住民票の住所を移動しても、自宅の登記されている場所は自動的には変更されないので、自分で行わなければなりません

登記制度は、日本国民の土地や建物、会社や法人などを公示する事で円滑な取引と安全に貢献しています。

「住民票の住所を移動しても、自宅の登記されている場所は自動的には変更されないので、自分で行わなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:登記

株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は役員登記の変更が必要となります

株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は登記の変更が必要となります。
役員登記変更の手続きは、本店所在地と支店所在地の両方で行わなければならず、本店所在地においては、その役員の就任承諾日から2週間以内に、支店所在地では3週間以内に完了しなければなりません。

「株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は役員登記の変更が必要となります」の続きを読む

カテゴリー:登記

家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、土地や建物の状況によって異なります

家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、建物表題登記は取得してから1ヶ月以内に行わないと、10万円以下の過料を支払わなければいけないと法律で定められています。

「家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、土地や建物の状況によって異なります」の続きを読む

カテゴリー:登記

不動産の所有権が移転する場合は、所有権移転登記をしなければなりません。その原因によって必要な書類が異なります

所有権移転登記とは、売買・贈与・相続・財産分与などにより、不動産の所有権が移転したときに行う登記のことです。
売買による所有権の移転を申請するためには次の書類が必要になります。

「不動産の所有権が移転する場合は、所有権移転登記をしなければなりません。その原因によって必要な書類が異なります」の続きを読む

カテゴリー:登記

登記変更は法律上期限が決められていませんが、手続きを行った方が良いでしょう

相続によって不動産を取得した際には相続登記を行って名義変更しますが、登記変更は法律上期限が決められていないので、登記変更をしないで放置しても罰せられる事はありません。

「登記変更は法律上期限が決められていませんが、手続きを行った方が良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:登記

不動産登記の申請をする際には不動産登記申請書を作成しなければならず、作成した書類は法務局へ提出しなければなりません

不動産登記は、大切な財産である土地・建物の所在や面積、所有者の住所、氏名などを公共の帳簿である登記に記載して一般公開を行い、権利関係等の状況が誰にでも分かる様にして取引が安全で円滑に行われる役目を持っています。

「不動産登記の申請をする際には不動産登記申請書を作成しなければならず、作成した書類は法務局へ提出しなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:登記

このページの先頭へ