債務整理の一つである自己破産は、借金を多く抱えている人を助けるために国が作った救済方法です

債務整理とは、借金問題で苦しむ人が法律的に借金を整理して解決できる方法で、任意整理や民事再生、自己破産といったいくつかの種類があります。

その一つの自己破産は、任意整理や民事再生を行っても返せない位に多くの借金を抱えている人にお勧めできる救済方法で、この方法を取ると一定の財産を手放す必要はありますが、沢山の借金を抱える苦しさから逃れられます。

問題解決までの流れは、まず弁護士の所へ相談に行き、現在の債務額や借入先住所、取引の開始年月を伝えます。
相談する際には、最近届いた請求書や収入状況が分かるものの用意もしておくと良いでしょう。

次に、弁護士の指示に従い、手続きを進めるのに必要な書類を作成し、早い場合には2ヶ月程で申し立てとなります。地方裁判所が書類審査後、問題がなければ破産開始が決定し、さらに借金の理由が浪費やギャンブルなどのためや、株での投資で作ったものといった免責不許可事由に該当しない場合は、約1か月後に免責が決まり借金から解放されます。

もし、不動産や自動車などの資産を持っている場合は、換金して債権者に分配するようになっており、裁判所が決めた管財人によって手続きが続けられます。

こうした方法を利用すれば借金が帳消しになりますが、金銭を貸してくれた側には不利益を与えてしまったことをよく自覚しておく必要があります。
そういった思いを強く持ちながら、人生の再スタートを切るための自己破産手続きを利用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:債務整理

このページの先頭へ