日本をリードする企業や日本経済の動向を特許件数から読み取る事が出来ます

特許とは、その権利を持っている個人や会社等が発明を独占できる制度です。
特に企業においては、開発した製品を特許として登録して権利化することで、それを武器に利益をあげていくことができます。

「日本をリードする企業や日本経済の動向を特許件数から読み取る事が出来ます」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許出願時や審査請求時には定められた費用を払わなければなりません

特許とは、工業所有権と産業財産権に分類される知的財産の代表格です。
国力増強が図られた明治時代に、諸外国に負けない日本独自の製品を作り出す為に誕生した制度で、自分なりに素晴らしい発明と思っても、特許として認可される為にはいくつかの条件を満たす必要があります。

「特許出願時や審査請求時には定められた費用を払わなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許には、審査の結果に不服申し立てができる様に、上級審として審判制度が取り計られています

特許制度では、最初に審査官によって出願が審査され、特許査定もしくは拒絶理由通知の判断が下されます。
その判断に対して出願者が納得した場合は審査段階で手続きが終了となりますが、審査結果に納得がいかない場合には出願者は不服を申し立てる事ができます。

「特許には、審査の結果に不服申し立てができる様に、上級審として審判制度が取り計られています」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許を出願すると提出書類に不備がなければ査定は合格となりますが、そうではない場合には拒絶理由通知が送られます

特許庁へ新しいアイディアや技術の専用使用権を出願すると、方式審査、出願公開が行われ、出願審査請求書を提出後、実態審査が開始されます。
提出書類に不備がなければ査定は合格となりますが、そうではない場合には拒絶理由通知が送られ、この通知は大きく3つに分けられます。

「特許を出願すると提出書類に不備がなければ査定は合格となりますが、そうではない場合には拒絶理由通知が送られます」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許業務法人制度とはこれまで個人事務所の形態で経営してきた特許事務所に対して弁護士法に則った特別な法人制度を認めたものです

特許業務法人制度とは、これまで個人事務所の形態で経営をしてきた特許事務所に対して、弁護士法に則った特別な法人制度を認めたものです。
平成12年の法改正によりスタートした制度なのでまだあまり定着してはいませんが、今後特許事務所は、この法人制度が主流になると考えられています。

「特許業務法人制度とはこれまで個人事務所の形態で経営してきた特許事務所に対して弁護士法に則った特別な法人制度を認めたものです」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許法では一定の範囲内で手続補正書を提出する事により出願内容の修正ができますが注意が必要です

特許法では、一定の範囲内で手続補正書を提出する事により出願内容の修正ができます。修正が可能な範囲は、最初の出願段階における出願書類の記載の範囲内となっており、新たな請求範囲の設置などの新規事項の追加は行えません。

「特許法では一定の範囲内で手続補正書を提出する事により出願内容の修正ができますが注意が必要です」の続きを読む

カテゴリー:特許

大阪には数多くの特許事務所が存在し、特に中小企業やベンチャー企業を対象とした事務所が揃っています

近年のアジア諸国の追い上げや近隣諸国の知的財産略奪、国内企業間における技術開発競争の激化などで、大企業をはじめとしてベンチャー企業や中小企業など企業間を巡る環境は激変しています。その中でも、知的財産権の主軸となる特許や実用新案は、将来今まで以上に重要なものになっていくでしょう。

「大阪には数多くの特許事務所が存在し、特に中小企業やベンチャー企業を対象とした事務所が揃っています」の続きを読む

カテゴリー:特許

明細書のそれぞれの請求項に記載された発明についてそれぞれ特許権の効力があり、クレームとも呼ばれています

特許権を取得する為にはいくつかの工程があり、願書、請求項、明細書、図面、要約書の5種類の書類を提出します。
その中でも請求の範囲を示す請求項と明細書は非常に重要な役割を持ちます。

「明細書のそれぞれの請求項に記載された発明についてそれぞれ特許権の効力があり、クレームとも呼ばれています」の続きを読む

カテゴリー:特許

日本は世界最先端の知的財産立国を目指して活動しています。特許取得までの流れについて紹介します

現代社会では、最先端技術や製品が今までにない速さで次々と生まれています。
日本は、薄型テレビやデジタルカメラといったAV機器に代表される様に、世界のトップを誇る先端技術を持っています。

「日本は世界最先端の知的財産立国を目指して活動しています。特許取得までの流れについて紹介します」の続きを読む

カテゴリー:特許

アメリカの特許を取得するという事は企業の運営にとって特別な意味を持ちます

世界経済の2割を超えるシェアを誇るアメリカの動向は諸外国の経済も左右するので、アメリカ市場を活動範囲に含める企業は多く存在しています。
しかし、この国は知的財産を極めて重要視する国なので、特許侵害を起こした場合、企業活動において致命的なミスにもなりかねません。

「アメリカの特許を取得するという事は企業の運営にとって特別な意味を持ちます」の続きを読む

カテゴリー:特許

このページの先頭へ