最新情報

2015年7月15日過払い
茨木市にも過払い請求に対応してくれる事務所が幾つかありますので、気軽に相談してみましょう
2015年7月15日任意整理
熊本には任意整理を含む借金問題に習熟する弁護士や司法書士の事務所が多数存在します
2015年7月15日任意整理
大阪で借金問題に悩んでいるなら任意整理の相談をしましょう
2015年7月14日就業規則
継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性
2015年7月14日就業規則
就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

自己破産後の生活への影響は少なからずありますが多重債務に悩む人は専門家に相談しましょう

債務整理の中でも、全ての借金が免除される自己破産は決して良いイメージではないかもしれません。

「自己破産後の生活への影響は少なからずありますが多重債務に悩む人は専門家に相談しましょう」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

労働保険番号を基に、速やかに管轄する労働基準監督署への届出と給付の手続きを取りましょう

労働保険は政府管掌の強制的な保険で、従業員を雇い入れた場合には原則として加入することになっています。

「労働保険番号を基に、速やかに管轄する労働基準監督署への届出と給付の手続きを取りましょう」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

大都市へのアクセスも抜群でありながら、閑静な住環境にある奈良の物件探しに最適な不動産会社があります

奈良県内に新築一戸建ての住宅など不動産の取得を考えている方は、まず、自分が住む地域の地理や特性、気候などを第一に考える必要があるでしょう。

「大都市へのアクセスも抜群でありながら、閑静な住環境にある奈良の物件探しに最適な不動産会社があります」の続きを読む

カテゴリー:不動産

広島には、不動産の活用や節税についての相談にのってくれる税理士などの専門家や会社が多数存在します

広島県は、瀬戸内海に面し温暖な気候と海の幸に恵まれ、県庁所在地がある広島市は、中国・四国地方で第一位の人口を有し、政府機関や大企業の地方拠点が多く置かれています。

「広島には、不動産の活用や節税についての相談にのってくれる税理士などの専門家や会社が多数存在します」の続きを読む

カテゴリー:不動産

人生設計が固まる30代前後が、ローン支払いの面でも住宅など不動産購入の適齢期と言えます

マイホーム購入の理由やきっかけは様々です。
結婚し子供が産まれ家族が増えて手狭となってきたり、上の階や下層階、隣同士の生活音が気になるといった理由など賃貸住宅にありがちな悩みがきっかけとなり決断する場合が多く見られます。

「人生設計が固まる30代前後が、ローン支払いの面でも住宅など不動産購入の適齢期と言えます」の続きを読む

カテゴリー:不動産

老後に備え、年金受給の要件を満たしているか確認しておきましょう

日本は世界有数の長寿国と言われており、人生80年時代に突入しました。
一般的な企業の定年である60歳からの円熟期の暮らし方や生き方について、若い時期から計画的に考えて備えることが大切になってきています。

「老後に備え、年金受給の要件を満たしているか確認しておきましょう」の続きを読む

カテゴリー:年金

有給休暇に関するトラブルは大変多いので、その取得方法などを明確に就業規則に記載しておく事がトラブル回避の大きな鍵となります

有給休暇に関してのトラブルは、とても多い項目の一つに挙げられます。
事業主は厄介なトラブルを引き起こさない為にも、明確に就業規則に記しておく事が重要です。日数については細かなルールが敷かれており、6ヶ月間の継続勤務をして且つ労働日の8割以上働いていれば最低10日の有給休暇を取得出来ます。

「有給休暇に関するトラブルは大変多いので、その取得方法などを明確に就業規則に記載しておく事がトラブル回避の大きな鍵となります」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

新井組が民事再生手続を行なってから早期に再建出来たのは、技術と信頼があったからこそだと言えます

1902年に創業し1944年に設立された株式会社新井組は、兵庫県西宮市に本店を置く建設会社で、兵庫県下・最大手の企業として、1984年には東証一部に上場を果たしました。

「新井組が民事再生手続を行なってから早期に再建出来たのは、技術と信頼があったからこそだと言えます」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

残業抑制の目的から、労働基準法では月60時間以上の時間外労働があった場合の賃金の割増率は1.5倍以上という規定を設けました

毎日残業で長時間の労働を強いられると、疲労が溜まり心身に大きな悪影響を及ぼします。過労によって病気を引き起こしたりうつ病になったりするケースも近年では増加していますし、それに関するニュースもしばしば見聞きするでしょう。その対策の一環として、労働基準法では時間外労働に対する割増賃金の割増率を改定し大幅に上げました。

「残業抑制の目的から、労働基準法では月60時間以上の時間外労働があった場合の賃金の割増率は1.5倍以上という規定を設けました」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

会社側の責任により休む事を余儀なくされた場合には、休業補償がされるという事が労働基準法で定められています

もし風邪をひいた・自宅の階段から落ちて怪我をしたといったことで仕事を休んだとしたら、有給休暇を使って給与を得られるとしても、会社からの休業手当は貰う事はできません。

「会社側の責任により休む事を余儀なくされた場合には、休業補償がされるという事が労働基準法で定められています」の続きを読む

カテゴリー:労働基準法

このページの先頭へ