継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性

現在の日本は、超高齢化に加え少子化の問題にも直面させられています。
人口減少が叫ばれている中、最も危惧されているのが国内総生産の低下です。
人の数の減少は生産年齢人口の減少に直結しますので、国の生産力と競争力が低下する事を意味します。

「継続雇用制度導入に伴った就業規則改定の必要性」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています

労働基準法の規定によって、常時10人以上の従業員を使用する使用者には、就業規則の作成と所轄する労働基準監督署長に届け出る必要があります。

「就業規則の見本は、厚生労働省がモデルとなる規則としてファイルを提供しています」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

有給休暇に関するトラブルは大変多いので、その取得方法などを明確に就業規則に記載しておく事がトラブル回避の大きな鍵となります

有給休暇に関してのトラブルは、とても多い項目の一つに挙げられます。
事業主は厄介なトラブルを引き起こさない為にも、明確に就業規則に記しておく事が重要です。日数については細かなルールが敷かれており、6ヶ月間の継続勤務をして且つ労働日の8割以上働いていれば最低10日の有給休暇を取得出来ます。

「有給休暇に関するトラブルは大変多いので、その取得方法などを明確に就業規則に記載しておく事がトラブル回避の大きな鍵となります」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

正社員もパートタイム社員も同様の規則が適用される就業規則は明確に記載しておいた方が良い

会社で働く際の労働時間や賃金といった職場でのルールを文書化した就業規則は、事業所側と労働者側の双方が良く理解し合うことで無用なトラブルが避けられます。
記載には絶対的必要記載事項と呼ばれるものがあり、退職に関する事項や賃金の計算・支払い方法・支払い日など、記入が必須となっている事項がいくつか挙げられます。

「正社員もパートタイム社員も同様の規則が適用される就業規則は明確に記載しておいた方が良い」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

飲食店の就業規則は経営者、労務管理担当者が労働基準法に基づいて作成します

飲食店の就業規則は、主に経営者や労務管理の担当者が作成をします。

必ず記載しなければならない必要事項としては、始業および就業の時間、休憩時間や休日・休暇と、労働者を2組以上に分けて交代で就業させる場合の就業時転換に関する事項、賃金の決定や計算および支払い方法、賃金の締切日および支払い時期、昇給に関する事項、解雇を含んだ退職に関する事項は必須項目となります。

「飲食店の就業規則は経営者、労務管理担当者が労働基準法に基づいて作成します」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

契約社員を雇用する際に必要な就業規則の整備

企業が契約社員を採用する際に注意が必要なのは、就業規則に正社員を想定したものしか用意されていない場合に、この規則が適用される点です。
その場合、正社員にしか適用するつもりのなかった退職金などの制度も適用対象となるため、退職時にトラブルになることが考えられます。

「契約社員を雇用する際に必要な就業規則の整備」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

厚生労働省のホームページで提供されているモデル就業規則

常時10人以上を使用する使用者には就業規則の作成義務が生じ、労働条件や服務規律の実態に合わせたものを作成する必要があります。

「厚生労働省のホームページで提供されているモデル就業規則」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則に仕事の効率低下に繋がるセクハラに関する方針もそれに定めておくと良いでしょう

就業規則は、労働者が就業上においてその会社で守るべき規律や労働条件といった内容が記された契約書のことで、法律の労働基準法で定められています。
事業所では、働く者が常時10人に達した場合に書類作成と提出の義務が生じ、支店や支部などそれぞれ10人以上になっている場合は、各支部・支店ごとに出さなければなりません。

「就業規則に仕事の効率低下に繋がるセクハラに関する方針もそれに定めておくと良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則には休職に関する条件も記載した方が会社のためにも良いでしょう

日本人の働き過ぎや長時間労働は海外からもかなり指摘を受けていますが、働き者の日本人の習性からか、有休を使う人が少ない、休みが少ないなど、まだまだ問題は解決されそうにありません。

「就業規則には休職に関する条件も記載した方が会社のためにも良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則の見直しは社会保険労務士事務所に相談をしてアドバイスを受けましょう

常時10人以上の労働者を使用している使用者に対して作成義務のある就業規則ですが、それは作成義務があるから作成するというだけではなく、労使間のトラブルを予防することなどにも絶大な効果を発揮します。

「就業規則の見直しは社会保険労務士事務所に相談をしてアドバイスを受けましょう」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

このページの先頭へ